Blender 2.80 RC2 出ますね。

どうも、ぼくです。

7月12日、Blender 2.80RC(RC1)がリリースされました。

RC版リリース前は「7/11日にRC版リリース、(深刻な問題がなければ)一週間したら正式リリース予定」というアナウンスがされていました、そういえば。

・ The release candidate is planned for Thursday July 11. That means all changes for the release candidate must be committed by Wednesday afternoon, so we can do a call for the platform maintainers to make builds and run tests.

・ Ideally the release then happens a week later on July 18, depending if we find serious issues that require extra time.

https://devtalk.blender.org/t/8-july-2019/8167

RC版が出た次のミーティングノートでは、深刻な問題を修正した別のRC版をリリース、と。RC2ですね。

・ We will do another release candidate end of this week with critical fixes, and then hopefully a final release next week. Developers should help with bug triaging, fixing critical bugs and reviewing bug fixes.

https://devtalk.blender.org/t/15-july-2019/8266

おそらく Blender のダウンロードページからRC2のダウンロードができるように、準備が終わってからアナウンスされると思います。最初のRCから一週間経ちましたので、そろそろ動きありますかね?

[7/19:追記]

話は変わって、めちゃくちゃ大きいニュースがありましたね。120万ドルの支援とか。

すでに記事にもなっています。

そういえば月末はSIGGRAPHでしたっけ。2.80の正式リリース間に合うかな?

ではー。

カスタムビルドを入手

どうも、ぼくです。

Blenderにはいくつかの「ビルド」が公開されていることご存知ですか?

  • 正式リリース版(2.79b)
  • デイリービルド:Stable(2.79.7)
  • デイリービルド:beta(2.80 beta)
  • カスタムビルド

公式サイトのダウンロードページ、およびデイリービルドのページの他にもあるのか?という方もいらっしゃるかと思いますが、以前より GraphicAll.org というサイトでカスタムビルドを配布しています。「ビルド」とはソースコードをコンパイルしたプログラムのことです、ご存知ですよね?

カスタムビルドとして独自の機能を付けたもの、Google Summer of Codeの成果物としてのビルドなどを確認することができます。将来的にBlenderの機能としてこれら全てフィーチャーされるわけではないですが、いろいろな試みがされているということが確認できます。オープンソースですね。

そのカスタムビルドですが、新しいGraphicAllのページができ、以降そちらにカスタムビルドがアップロードされるとのことです。

早速、Intel® Open Image Denoise 対応ビルドがアップロードされてますね。

(なお、D-noise というNvidia OptiX denoiser を利用するAdd-onもあります。)

該当のページを開いてお気付きの方もいらっしゃるかとおもいますが、この ページ、blender.community にあるんですね。 blender.today とか Right-Click Select と同じく。(他のコミュニティにどんなものがあるかは開いたページの左側やこちらのページから確認できます。)

ああそうそう、自身でソースコードからビルドしたい人はBlender Developer Wiki の Building Blender のページを参照くださいませ。

ということでー。

木とコンクリートのマテリアル(2.8)

どうも、ぼくです。

Blender Nationに”100% Procedural 2.8 Material…just for you…all!“っていうエントリがありましたのでご紹介。

要はフリーな2.8環境向けのCycles用マテリアルをダウンロード出来るよ、っていうことなんですが、ダウンロードに手順が必要っていうか。

ページ一瞥して「どこからダウンロードすればいいのよさ?」ってね。

続きを読む

2.79 to 2.80Beta 移行メモ

どうも、ぼくです。

本記事は Blender Advent Calendar 2018 6日目の記事です。

11/30に Blender 2.80 がベータになりました。ベータリリースについては前エントリに書いてますのでご覧いただければ。

今回の対象は、3Dビューの基本的な操作を対象にしました。移行、というよりは操作メモですね。思ったよりも変更点がありすぎて、かつ感覚的に使っていた機能を文字に起こすのもちょっとしんどい感じ。なので画像とかつきません。余裕ができたらほかエントリでもうちょっと詳しくとかもできるかも。他の画面とかも。

(2019/04/03の記事としてnoteに更新版相当の記事をかきました。)

QA:

最初にQA。

Q. 現在のベータ版の段階で Blender 2.80 はオススメですか?

A. ほとんどの場合、「いいえ」です。少なくとも「開発途中版」なので、バグとかまだある状態です。いわゆる「きちんとしたソフト」の状態で使いたいのであれば、

  • 2.80公式リリースが出る
  • 2.80用リファレンスマニュアルがそれなりに整備される

という段階まで待つ、または2.80用チュートリアルがいくつかリリースされる等、ある程度知見がたまるまでさらに待った方が良いです。動向を見つつ来年の夏、SIGGRAPHの時期あたりにチェック、というのでも全然遅くないと予想しています。(標準でない)Add-onの対応とかもありますしね。

「今から使っている」という方は、とにかく新しいオモチャ使ってみたい、バグハントに協力したい、っていう方だと思うので、そういう方は勝手に楽しんでどうぞ、的な感じでしょうか。特に止める理由もないですし。

現状悩んでいて、いわゆる「社会運動はどうやって起こすか」の中の「『最初のフォロワー』になりたい」って言ってるような方には「グズグズするな、直ぐにだ!」って言ってあげることにしてます:) まだそんな人に出会ってはいないですけど。

Q. ベータ版使うにあたって注意点とかありますか?

A. 「ベータ版」であることに注意して使えばいいと思います。

  1. いわゆる「プロダクションレディ」の状態ではないので、本番に使わない方が良いです。
  2. 正式リリースに向けて継続して開発されており、日々変わっているので、常に最新のビルドを使うようにしてください。昨日まで動かなかったものが動くようになっていたりします。
  3. 2.79以前と機能およびファイルの互換性が無い部分があるので、 2.79 のファイルを 2.80 で開いた場合に正常に読み込まれない場合があります。
     2.80で保存したファイルも2.79で読み込めなくなることがありますので注意してください。
  4. 2.80用リファレンスマニュアルはまだ未整備なので、自身で使い方を見つけながら進めていくことになります。
  5. バグを見つけた場合には必要に応じてバグトラッカーに報告してあげるとBlenderがより良くなる手助けとなります。

Q. 左クリック選択がデフォルトになりました。デフォルトに従ったほうが良いですか?

A. はい。マニュアルやチュートリアルでは断りがない限り「デフォルト状態での操作」を前提としますので、少なくともこれからBlenderを習得しようという方は「左クリック選択」の設定でいいと思います。以前のバージョンを右クリック選択の設定で使っていた方も一度左クリック選択の設定を(ある程度の期間)試してみて、自分に合うかどうか確認してみたら良いでしょう。

続きを読む

ボーンの回転って?

どうも、ぼくです。

きのう #3dmu にコーヒー飲みに行った(!?)わけなんですが、その懇親会でちょっと質問された、というかボーダー柄のシャツ着た人(「こわくない」って連呼してた方)が「この人に聞けばいいよ」的なことで無茶振りされて取りあえず回答しました、ということがありまして。

スクリーンショット 2015-11-01 13.18.14

「現在フレームのボーンがどのくらい回転しているか知りたい」場合に、Blender Python API でアクセスする方法というか何というか。

先に答えを書いておくと、こうです。これが回答として要件に合致したかどうかはわかりませんが。
metarigオブジェクトののforearm.Lボーンの回転値を1フレーム目から19フレーム目まで。

scene = bpy.data.scenes[0]
bone = bpy.data.objects['metarig'].pose.bones['forearm.L']
for x in range(1,20):
    scene.frame_set(x)
    print(bone.rotation_quaternion)

「コマ数」を変更して、値を取得、というのを繰り返すわけですね。

実際に回答したのは回転値を取得する部分だけでしたが。

ボーンの情報を得たいということで「bpy.data.objects[‘metarig’].data.bones[‘forearm.L’]…」とやってしまいがちですが、そちらは初期ポーズ、すなわちエディットモードで表示される状態で、本当に必要な情報は「.pose.bones[‘forearm.L’]」の方ですよ、ということですね。

ちなみに、オブジェクトやボーンのプロパティへアクセスしたい場合には、プロパティエディタの入力項目にマウスカーソルを合わせて少し待つと何か出てきますので、そこを見ればいいのではないかと思います。

スクリーンショット 2015-11-01 13.18.30

スクリーンショット 2015-11-01 14.56.42

あと、メニューの Help > Python API Reference から、オンライン上にあるBlender Python APIリファレンスを開いておくとよさげ。

ということで。

デフォルト設定の変更について(Blender)

どうも、ぼくです。

今回は「Blenderにおけるデフォルト設定」について書いてみようと思います。よく言われる「日本語UI」とか「右クリック」とか「テンキー」とかの、あれです。

「たまに『有りや無しや』とか出てくるようですけれども、ぶっちゃけどうでもいいです 🙂 」とか言いながら書くんですよ、これが。

「最初から左クリックにしておけ」は正解なのか?

初学者の方が「どこかのBlogなりTwitterのつぶやきにそう書かれてたので最初から左クリックの設定にしておきました。」、「最初にMaya/Maxプリセットにしておきました。」というのは、場合によっては(設定の変更が原因で)混乱させてしまうこともあるようです。

チュートリアルをネットで探してどうにかBlenderの基本的なところをつかえるようにしよう、という場合には「はじめのうちはデフォルト設定で学習」したほうが有利です。チュートリアル自身もですが、参照するマニュアルもデフォルト設定をもとに説明されているためです。

特に、チュートリアルではコマンドを実行するのに、ショートカットキーの表記で「[Ctrl]+[A]を押します。」としか記載されていないものも多くあって、設定を変更してしまったが故にわからなくなった、というケースが見受けられます。

また、Blenderを使っているときに問題が起き、設定変更した部分が問題解決の邪魔をする場合もあります。その部分を切り分けるために「デフォルト設定に戻してから問題が発生するか再現してみてください。」と言われることがあります。

あとは…作業途中でユーザー設定の変更を保存([Ctrl]+[U])してしまって、設定をやり直すときとかのダメージが大きい、など。

まあここまで書くと、「デフォルト設定で。」みたいな感じに見えますが、反対に言うとたかだかそういう部分でしかありません。コマンドとキーの組み合わせにちょっと気をつけるとかその程度。

「デフォルト縛りにする」か「カスタマイズしまくる」かは人によりますが、グループ内で共通の設定をしているのであれば、それに合わせる(他グループメンバーに質問しやすい)というのも手ではあります。

また、「単純に使われていない」=「洗練されていない」ということなので、この辺りを十分に検証してBlenderの開発元にフィードバックするとたちまちヒーローになれそうな気もします。気の向いた人はどうぞ。

  • 選択:右ボタン→左ボタン については2.6xまでは少なくともマッピングが不十分で、問題があった、と報告されています(今は知りません)
  • Mayaモード. Maxモードは使う人がほとんど居ないため、洗練の度合いが足りません。そこから個別でさらにショートカットキーのカスタマイズが必要になると思われます。

自分がしている設定:

自分がしている設定の変更部分は多くないです。テンキーのないキーボードと普通のホイール付きマウスを使用しています。

  • Pieメニューを有効にする(テンキーがなくても視点操作を出来るように)
  • Pieメニューで有効になったショートカットキーのうち、Z、Tabを無効にする
  • Vertex Buffer Object(VBO)を有効にする

追加でAdd-onをインストールしていますが、バージョンが上がってもだいたいインストールしている、というのは以下の1つだけです(2.72以降)。

  • Screen Cast keys Add-on

優先すべきは自身の作業効率であるので、そこにフォーカスして設定すればいいと思います。

答えになってないのがよくわかりますね。

ということでー。

Blenderの文字化け(Ubuntu日本語Remix15.04)

どうも、ぼくです。

Ubuntu日本語Remix15.04でBlenderを日本語UI設定切り替え時に日本語の部分が豆腐になる件です。

ubuntu1504jablender

というかUbuntu 12.04あたりからディストリビューションのBlenderパッケージで同様の症状が出てたような気もします。そのころから根本的に特別な変更はされていないものと見るべきでしょうか。

Fedora ( http://spins.fedoraproject.org/design/ )だと日本語UIの設定するとちゃんと切り替わるんです。ディストリビューションの違いでしょうか。

まあ、Ubuntu日本語Remix15.04のパッケージとして用意されているBlenderは2.72bで、使用フォントファイルを設定から指定できるバージョンなので、フォントファイルの指定をすれば良い、という感じになっていて、そちらで対処することで表示もできたので良しとしています。

その方法ですが、以下の手順で。

  1. File>User Preferencesを開き、System タブをクリック。
  2. Interface Font のフォルダアイコンをクリック。
  3. フォントファイルに /usr/fonts/truetype/fonts-japanese-gothic.ttf を指定。
  4. 日本語UI表示の設定。
  5. ユーザー設定の保存 ボタンをクリックしてユーザー設定を保存。

いっそのことblender.orgからLinuxバイナリをダウンロードしたほうがバージョンも新しい(2.74)ですし、そちらのほうが賢いかもしれません。

なお、PPAとかその辺は試してませんので、その辺あらかじめご了承ください。

では。