新しいBlenderのドキュメントについてのメモ

どうも、ぼくです。

日付的には本日、神田にて「第1回 Blenderソースコードリーディング」がある日なんですが、まあそれはそれとして、Blenderの新しいマニュアルの翻訳の環境について。

現状としては、「翻訳が反映されることを確認できる環境を作れました」ということなんですが、テスト用としてリポジトリ作成しています。正しいかどうかは別として手順も載せてます。

まだ本家側も英語のマニュアルをWikiからSphinx環境にコンバートして試験運用中みたいなので、翻訳について、例えばTransifexを使うかどうかとかその辺も固まっていないと思います。

Sphinxの国際化についてはここに手順が紹介されています(今回これを参考にしました)。メッセージファイルを生成して、元言語以外は各言語ごとにメッセージファイルを編集することで翻訳、ということですね。

今回作成したリポジトリについて、現状では以下のターゲットが対応しています。

  • “all” すべての(英語)ドキュメントをHTMLにビルド – もともとあったもの
  • “allja” すべてのドキュメントを日本語に翻訳されたHTMLにビルド – 追加したターゲット

ディレクトリ構成はちなみに、こう。

  • manual/ ←reSTファイルが置いてあるところ
    • ja/ ←翻訳されたメッセージファイルがLC_MESSAGES配下に格納
  • html/ ← ビルド時にHTMLファイルが格納される
  • locale/ ← potファイルが格納される

まあ、”all”のときに英語のHTMLをhtml/en フォルダに、”allja”のときに日本語のHTMLを html/ja フォルダに出力するようにしてやるとかそういうことはできるけれども、現在運用されているWikiの「言語切り替え」のようなことが出来ない、という…。

そこは CakePHP cookbookでやってるようなことをやればいいのかな?githubにリポジトリもあるので時間見つけて確認してみましょう、ということでメモ。

それはそうと、他の人が2.6ですでに訳しているのがあるのでそれをpoファイルに突っ込んでもいいものかどうかというところはどうなんでしょう?

ということでー。

 

広告

新しいBlenderのドキュメントについてのメモ」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中