カスタムビルドを入手

どうも、ぼくです。

Blenderにはいくつかの「ビルド」が公開されていることご存知ですか?

  • 正式リリース版(2.79b)
  • デイリービルド:Stable(2.79.7)
  • デイリービルド:beta(2.80 beta)
  • カスタムビルド

公式サイトのダウンロードページ、およびデイリービルドのページの他にもあるのか?という方もいらっしゃるかと思いますが、以前より GraphicAll.org というサイトでカスタムビルドを配布しています。「ビルド」とはソースコードをコンパイルしたプログラムのことです、ご存知ですよね?

カスタムビルドとして独自の機能を付けたもの、Google Summer of Codeの成果物としてのビルドなどを確認することができます。将来的にBlenderの機能としてこれら全てフィーチャーされるわけではないですが、いろいろな試みがされているということが確認できます。オープンソースですね。

そのカスタムビルドですが、新しいGraphicAllのページができ、以降そちらにカスタムビルドがアップロードされるとのことです。

早速、Intel® Open Image Denoise 対応ビルドがアップロードされてますね。

(なお、D-noise というNvidia OptiX denoiser を利用するAdd-onもあります。)

該当のページを開いてお気付きの方もいらっしゃるかとおもいますが、この ページ、blender.community にあるんですね。 blender.today とか Right-Click Select と同じく。(他のコミュニティにどんなものがあるかは開いたページの左側やこちらのページから確認できます。)

ああそうそう、自身でソースコードからビルドしたい人はBlender Developer Wiki の Building Blender のページを参照くださいませ。

ということでー。

広告

Blenderチュートリアル動向

どうも、ぼくです。

CGWORLD のオンラインチュートリアルにBlenderがきましたよ!っていうこと(?)でちょっとメモっとこうかな、ということで「少し気になったもの」を挙げておきます。有料のコースとか増えて、これは「Blenderはじめなあかんかな」っていう感じですね。

[$]Blenderではじめるゲームアセット制作

「初めて触る」という方にもわかりやすく、ということでゲームアセットを作ってUnityに持って行くところまでの流れを習得するコースです。イントロダクションの動画内では「2.78使います」と言われてますが2.79使われているようです。

続きを読む