この最近のBlender一問一答(エアLT)

投稿日:

どうも、ぼくです。

前エントリは「迷う必要がない」ってことでなんだか肩透かしを食らったような気分になったことでしょう。

BlendxJP3、5分プレゼン、LT募集してるそうです(参加確定している人対象、あと3枠?)。何かアピールしたい人は問い合わせてみてはどうでしょう?締め切りは19日までだそうです。14日にメールがきてました。

ちょっと150人の前ではあれなので(?) 、「エアLT」として「Blender一問一答」やってみたいと思います。

なお、以下ちゃんと読み上げてみたら7分くらいかかりました。もうちょっとコンパクトにしないと5分に収まんないですね。

Q1. Blender2.80について

A1. 2.79->2.80は”Big Leap””Game Changer”とか言われるように2.4->2.5のUI一新時よりも変化は大きいですね。特に見た目の印象が違う。「これならボクにも使えそう」って錯覚させるくらいはあると思います。
そうはいってもオペレーションについてはそこまで変わってないので(?)2.79までちゃんとできてる人は「差分」覚える感覚で2時間くらいやってみれば基本的なところは対応できると思います。(テキトー)

Q2. その「差分」に対する「土台」がない人はどうすればいいですか?

A2. 一から覚える人は「差分」とか関係ないですよね。

今のタイミングで、手っ取り早くするなら「師匠を見つける」「仲間を見つける」のがいいと思います。一人でいっぺんに覚える分量をはるかに超えているので。「独学でチュートリアルやる」というのは「最適なチュートリアルを見つける」のに時間がかかってしまう、詰まったときに時間を無駄に浪費しがち、ということで時間が勿体無いです。水先案内人、相談する先を確保した方が絶対にいい。反対にいうとその時間を惜しまないのであれば勝手にどうぞ?という感じです。

Q3. では2.79使い続ければいい?新しいバージョンが出ても使い続けられる?

A3. 2.80が出ても使い続けることはできます。download.blender.org/release に置かれているものはそのまま使えると思います。OSやハードウェア、ドライバの対応が続けば、という条件付きですが。

具体的なところをいうと、Mojave以降のMac OS についてはOpenGL対応を止めるので2.79リリース版そのままだと動かなくなります(現状では)。

Q4. やっぱり今すぐ 2.80 使いたいです。

A4. 新しいものを使えるようになるには、「誰も通っていない道を歩む」ことになります。現在(a2)リリースされている2.80用に作られたチュートリアルは「2.79できる人向け」に作られていると思って臨むくらいでいいと思います。ベータ前にリリースされているものであれば手順等が噛み合わない可能性大ですし、それを適切に読み替える知識が必要です。

Q5. 2.79使えるのであれば、2.79について学習したいと思います。オススメのチュートリアルはありますか?

A5. その前に「何を作りたいか」を教えてください。その上で答えられる範囲だとお教えできると思います。

Q6. 「日本語のチュートリアルは初心者に寄り添っていない」と聞きました。

A6. 「寄り添ってない」っていうのは「(自分に)わかるように作っていない」ってことなんだと思いますが、チュートリアルを作って公開するような人は「俺ができたんだからお前らにもシェアしてやんよ」くらいで公開している方が圧倒的に多くて、さらに言うとそう言う属性の人は「人に教育した、教材を作成した」という経験がないか少ないんだろうな、って推測しています。また、「抜けが無いように手順を作って説明する」ということは結構大変なことなので、あまり作者さんを責めないでいただければ。そういうところに気づいたら作者さんにフィードバックしてあげてください。喜ぶと思います。

Q7. Twitterハッシュタグ #blender質問室 について

A7. Blenderの質問をハッシュタグつけてツイートすると回答が付くっていうアレでしょ?楽しく見させていただいております。ん?あれって「エンタメ」でしたよね?

回答を返してくれる優しい人はいると思いますが、Twitterというメディアの特性もあって、そこから「回答から一歩踏み込んだ内容」を知りたい時に、それに対する労力が大きくなりすぎて、深掘りするのは難しいでしょう。質問する場所って大事よね、っていうこと。

Q8. Twitterハッシュタグ #b3d について

A8. あれは「コミュニティもの」って意識で付けると効果的かと思います。理由は「コミュニティのハッシュタグ #b3d にしようぜ」って作られたのと、アピールしたい先が「同じくBlender使っている人」ってことになっちゃうので。なので、作品投稿の場合に作品としてより一般にアピールしたい場合には #b3d つけても付けなくてもいいってことになります(というか良い作品作れる人はそこまで #b3d って付けないです。)

 

ということでー。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください