blender.jpのフォーラム停止と

どうも、ぼくです。

Blenderの日本におけるポータル的な存在で、フォーラムや画像掲示板があった、yamyamさんによる個人サイト、 blender.jp にて、フォーラムの停止を決定されたとのことです。

長い間の管理・運営、お疲れ様でした。どうやら、ニュースの翻訳は続けられる様子。

挙げられている理由として、

交流の場が Twitter などに移行し、当サイトのようなフォーラム型掲示板のニーズがなくなったと思われること

というのがあります。CG関連のフォーラム形式のサイトってある時期沢山できて、沢山フェードアウトした感があります。「なんでちゃんと答えなきゃいけないの?コミュニティ?メンドクセー」とか「勝手気ままにつぶやいてた方が楽じゃん」とか色々な理由はあるんでしょうけれど、そういった中で blender.jp はかなり長く続いた方ですよね。

さて、「ずん子本」(*1)、「箱クマ本」(*2)が立て続けに出版されるという、勢いのある Blender さんですが、今回の件で一つ交流の場が失われたことになります。「これからBlenderやろう、オンライン上にいるBlender使いの人と色々できたらなあ」という方にとっては、もしかしたら影響が大きいのかな、と思います。実際、自分も数年前まではblender.jp で有用な情報を頂いたり、反対にヘルプしたりと、利用していました。

ところで、blenderはオープンソースソフトウェアです。結果として「無料で」入手できるのですけれど、その状態が維持されているのは「使う人がいる」、「このソフトウェアが良くなるように活動している人がいて、コミュニティを形成している」という部分が大きいです。たまに”Thanks for the blender community“って言っている人がいるけれど、まあそれです。日本は言語の壁もあってなかなか海の向こうでやっていることがわかりづらいのではあるのですけれど、Blenderユーザーのコミュニティサイト blenderartists.org や質問できるサイト blender.stackexchange.com なんかを見てもらえればいいんじゃないかなと思います。

とにかく、その「コミュニティ」が続く、というかワイワイ楽しんでいるのがあってこそのBlenderということで。

Blenderでこの先生きのこるには(Twitter編)

自分で見ている中で、ですけど、Blenderユーザーのアクティビティが高い場所(Webサービス)は現状Twitterかと思います。はっきりした「コミュニティ」というわけではないけれど、情報が流れてきて、たまに大喜利やってたりするあの空間ですね。 なにやら楽しそうに見えます。

ただ、多くの場合「戦場」であって、「友」を見つけるよりは「強敵」を見つける場所なので、すべての人が向いているわけではない、という印象。そこで生き残れそうなネタ?

  • 思ったよりもノイズが酷いキーワード検索等でフィルタリングして、「僕はBlenderで技術的に役立つ情報しか要らないんだ」と思ってTLを眺めると、それにも関わらずノイズが多いことに気がつきます。
  • 個人のメモ書き – 基本個人のメモ書きなんですけど、自分がツイートするときには読み手がいることを意識すると読んでくれるんじゃないですか?
  • 高コンテキスト – 字数も少ないので、刈り取れる無駄な情報は刈り取っているというところ。特にメンションや引用RTでは「分かっている人向け」につぶやいていることが多いですしね。また、ユーザー同士の「重なる部分が少ない」という部分も含めてそう言っている部分もあるのでしょうか。ある人は「かわいいキャラクターだけ作りたい」、ある人は「かっこいいメカだけ作りたい」って全然別のことを思っているんですから仕方ありません。反対にこの高コンテキストなところを利用している方も。
  • 動画 > 静止画 >URL>>テキスト – とりあえずアニメーションにしておけば目を引きます。でも、NSFWな画像の投稿は #b3d タグつけて投稿とかはやらない方がいいと思います。
  • ハッシュタグ – ハッシュタグの使い方やツイート頻度については注意しておかないと、マイナス効果になってしまうことも。”#b3d”がBlenderのハッシュタグとして認知されている状況で、個人的には #blender #b3d っていう風に複数タグつけて投稿される方は「何したいんだろうこの人」とか思っちゃいますし、最近の papre.li の投稿についても、どうかなあ、と。
  • 少しだけ敬意を払う – ほんのちょっとだけでいいと思います。特にBlenderを話題につぶやいてフォロワー増やしたいとか、その辺の方。
  • botの運用は慎重に – まあ、個人アカウントで「前もそのつぶやき見た」が何回か繰り返されるとそのアカウントの魅力が半減します。bot運用のリスクは事前に検討しておくのが吉。
  • 続ければなんとかなる – 待てば海路の日和あり。
  • 楽しい – Blender使って楽しいのが伝わればそれでいいんじゃね? Blender makes me happy, makes you happy.

そういえば今月末に OSC京都でBLUG.jpがブース出展するそうですし、Blend×JPもありますね。特にBlend×JP は100人の登録、38人補欠登録と大人気じゃないですか。こんなにBlenderに興味を持っている人がいたなんてびっくり。

(今回はお客様です。)

ではー。

  1. ずんこ本 – 東北ずん子で覚える!アニメキャラクターモデリング
  2. 箱クマ本 – 無料ではじめるBlender CGイラストテクニック ~3DCGの考え方としくみがしっかりわかる
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中