OS X やめるってよ(?)

どうも、ぼくです。

Blender Developers ミーティングノート(150503) 中に、

非常にアクティブであり、ここ数年の私たちの OS X プラットフォーム保守者である、Jens Verwiebe 氏が驚くべき発言をしました。氏は本格的な3D/グラフィックス開発プラットフォームとしての OS X を放棄するつもりだそうです。

という記載が。まあここだけ見ると「Blender、OS Xのサポートやめちゃうのか。」という風にとらえてしまうかもしれません。そういう反応を某所で数件見かけましたし。

しかし、続きを読むと、すでに後任として名乗りを上げている人がいることがわかります。現状でBlender foundationとして「OS X のサポートをやめるかどうか」というものではなく、上記はJens氏の意向、ということになります。

Jens氏がAMDチップのOopeCLサポートのコードMac Proでテストしたとき、ドライバが古いのと、情報が少ないことに言及はされてますね。

…あれ?これって昔の何かを思い出させますね。Linusのアレ。このときはNvidiaが情報を開示していないことによるものでしたっけね。

ビデオはこちら(該当の質疑は48:10から)。


まあ、Nvidiaはこの後すぐに反応していたりするのですが、さて今回の件はどうなるんでしょうね。

そういえば2年ほど前には協力の申し出があったようなんですけれども(Blender.org : Ton 氏の SIGGRAPH 2013記)

また、このディナーのおかげで、次の日 Apple が私たちのブースを訪れ、Blender 開発の強いコネクションを復旧しました。彼らは新しい MacPro で Cycles 用に OpenCL が動作するのに必要なことなら、バグ修正のために開発者と直接連絡を取り合ったり、ハードウェアを配布するなど、どんなことでもするつもりです。

将来的にBlender FoundationがOS Xのバイナリ配布を行わなくなる、という可能性については正直わかりません。でも、少なくともJensは2.75のリリースまではちゃんと面倒見るっていうことなので、そう慌てることはないかな、と楽観視してます。

なお、公式バイナリ配布がいつの間にかなくなっていたFreeBSDについてはこちら見るといいですよ?。

 

ではー。

広告

OS X やめるってよ(?)」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中