とあるBlenderの「独特」について

097

どうも、ぼくです。

この最近Blender触ってない、けれどもその界隈の動きが面白いなー、などと思いながら見ているんですが、この最近ちょっと気になることがありまして。

日本語のBlender紹介記事や、初心者向けチュートリアル(?)が増えてきていますが、その中に、「操作がかなり独特です」などとテンプレのように使われていることです。

もっとも、他のソフトウェアと比べて、操作に違いがあるのは事実です。その部分について出来るだけ具体的に、例えば「Blenderではオブジェクトの選択は右クリックで行います」と書かれているのであればいいのですが、冒頭に「操作がかなり独特です」とだけ書かれているのはどうなのかな、と。「マニュアル見ずに感覚的に使えない」って言うのなら分からなくもないですが、その一文で片づけているのはどうなのかな、と。

Blenderのキーボードショートカットを知らないで操作したが故に起きてしまう、「画面が灰色になって戻ってこない」、「オブジェクトの縁のラインが緑色になった」とか、「変なキーを押してオブジェクトor頂点がどこかに行っちゃった」とか、そういう直感的な操作でない部分を独特であるとか、使いづらい、と感じる部分などなど。

まあ、自身はチュートリアルを書く気は無いのでアレなんですが、Blender Wikiのユーザマニュアルページへのリンクの数か所を見てもらうよう、リンクを貼るだけでもまだましになるのかなとか思ったりもしなくもないです(マニュアルページの日本語翻訳をされている方に感謝)。多分それらのチュートリアルを見るにしても「右クリックで選択」などは書かれているかと思いますが、細かな部分について端折られていることが多いので。

紹介記事なりチュートリアルなりを書かれている方は上記のようなページを参照したか、トライアンドエラーで使い方を既に把握していて、今では意識せずに操作が出来てしまうわけです。「多分この辺は書かなくていいかな」とか「そこまで書いちゃうとアレよね、ボリュームが半端なくなるよね」とか、結果的に書かれていないというのではないかな、と。

まあ、そこにターゲットとしているはずの「これから始める」という人との乖離があるわけで。もちろん記事の長さの制約などがあるとは思いますが、何か違うんじゃ?という感じが気になったというところです。

まあ、洋の東西を問わずBlenderのチュートリアルの多くは「何かを作る」とかの目的にフォーカスしてて、「このくらいは知っといてくださいね」的な前提はバシバシ省略しているんですけどね。

話は変わりますが、Caminandes、これは「オープンムービープロジェクト」として何番目になるんでしょうかね??