まんださんち

それなりにかくよ

スクリーンショット 2014-10-30 22.34.58


コメントする

ユーザーマニュアル?

Blenderのユーザーマニュアルについて。新しいBlenderのドキュメントについてのメモのアップデートというところ。

10月のBlender Conference にて、Blenderの2.7x以降についてのマニュアルページのアナウンスがありました。すでにマニュアルは公開され、更新されています。最近「Blender 2.73からはこちらを見るように」ということになったようです。Sphinxベース(Blender Python APIドキュメントと同じ)で、レスポンシブデザインのテーマを採用しているのでスマホなどでも(Wikiよりも)見やすくなっています。ブクマしときましょう。

そのBlender 2.73ですが、現在テストビルドを公開しています。うまくいって今月末か、来年開けてすぐくらいにリリース版をダウンロードできるようになっているはずです。

なお、ドキュメンテーションプロジェクトのページはこちらから。ユーザーマニュアルの更新は、プログラムソースと同じ方法の、「パッチを送ってね、マージするから」ということで進める模様です。

ドキュメンテーションプロジェクトオフィシャルの情報は以下のURLから取得可能です。なお、Blender Foundationのドキュメントチームは英語のマニュアルを優先させ、翻訳については待ってくださいということのようです。

  • Blender Documentation Project – about
  • Contributing
  • Getting Started
  • Style Guide
  • Translations

    At the moment, this manual project is still a work in progress and it is not yet decided how best to support translations. The focus is on first to test prove the English version and only then to move on to migrating and supporting other languages, preventing the contributors’ efforts from being wasted in work that has to be redone.

    If you want to translate, you should wait.

じゃあ、「古いマニュアルは?」ということなんですが、これは Blender Wiki で保持されるようです。なお、ユーザーマニュアルのみが移行の対象であり、開発者ページなどはそのまま継続して使える様子。

オフィシャルではないですが、Blenderの新しいマニュアルの日本語ページのための検証を個人的に行っています。これはSphinxのi18n 機能を利用したもので、継続して編集する際のワークフローの確認に主眼を置いています(というのと、前述の理由から翻訳そのものの作業はほとんど行っていません。)

まあ、BF側がこれを採用するかどうかはまだ先の話ですし、翻訳そのものについて少なくともWikiよりは「原文(主にreSTマークアップ)に文句を言わなきゃいけない」場面が増えることになりそうなので、その辺はどうなんだろうとか不思議に思いつつ。

そうそう、ドキュメンテーションプロジェクトとは別に画面のメニュー表示などのUIの翻訳プロジェクト(Translations)についてはこの辺見て、「翻訳こうしたほうがいいんじゃない?」とかの指摘をされるといいんじゃないでしょうか?

ということでー。


コメントする

Blenderの中ボタン

どうも、ぼくです。

このエントリは Blender Advent Calendar 2014 の記事です。

スクリーンショット 2014-12-16 03.12.44

Blenderでマウスの中ボタン、有効活用してますか?3Dビューウィンドウでは3Dビューポートの回転、他のウィンドウではスクロールが主な仕事。Blenderでは”Middle Mouse Button”を略して”MMB”なんて表記することが多いです。

「うちのマウスには中ボタンなんて無いよ!」という方は、スクロールホイールを押し込んでみてください。「カチッ」というクリック感があればボタンの可能性が高いです。というかとりあえずマニュアルか何か見てくださいね(^^

今回はマウスで操作することを前提に、Blender 2.72を使う前提で中ボタン及び関連するキーを中心に説明していきます。なお、文中にマニュアルを参照している箇所については新しいマニュアルを指定しています(旧2.6,と日本語)。

中ボタン操作を意識せずにできるようになるとモデリングがスピードアップします。その分他の操作コマンドを覚える時間ができるので、結果的にBlender習得のスピードも上がります。

えっ、中ボタンが無い?そもそもマウス持ってない?何で操作してるんです?

マウスのボタンの「重さ」

Blenderを使う場合「ホイールボタンの付いた一般的なマウス」で十分です。中ボタンの「重さ」に気をつければ。

Blenderで、特にモデリングの操作をする場合、「3Dビューポートの回転・移動・拡大縮小」がマウスで無理なくできる、というのは必須です。中ボタンを押しながらドラッグする操作を多用するので、「重くない」すなわち「ボタンを押す力が少なくて済む」ほうが好ましいです。モデリングしなくてビューポートぐりぐりするだけ、という方はもっと重要度が増します:)

傾向として「3ボタンマウス(ほとんど見かけませんね)」「ホイールボタン」「チルトホイールのボタン」の順に「重く」なっていきます。また、マウスのモデルごとに「重さ」は異なるので、できるだけ実物を触ってクリックの感触を試してみるといいかと思います。

参考までに、自身がこの最近使っているマウスは、というと以下のような感じ。基本的な機能が備わっててマウスホイールとホイールボタンがまあ普通に使える、というくらいで選んでます。あまり高いものでなくてもいい(入手性からすると普及モデルのほうが好ましい)と思います。

  • Microsoft Arc Mouse このくらいのボタンの軽さが好み。
  • Compact Optical Mouse 500 手が小さい方なので、これくらいの大きさの方が取り回しやすかったりします。このマウスが自分としては基準。
  • Logitec G300 中ボタンは少し重め。自分的に許容できる範囲かな?

あと、「マウスの中ボタン壊れた」という人が周りにいたら「Blender?」と声をかけてみるといいでしょう(謎

Blenderでの中ボタンの操作(1)

さて、前置きが少々長くなりましたが、中ボタンの操作について。3Dビュー、ビューポートではビューの回転、移動、拡大縮小を行います。

  • [MMB]ドラッグ – ビューポートの回転
  • [Shift]+[MMB]ドラッグ – ビューポートを画面に対して平行移動(パンと称しているところが多い)
  • [Ctrl]+[MMB]ドラッグ – ビューポートの拡大縮小(マウス上下で、マウスホイールよりも細かい操作が可能)

なお、[MMB]ドラッグ中に[Alt]キーを押しながらマウスカーソルを移動させると、グローバル座標に対して45度単位でスナップできます。うまく使うとテンキー要らなくなりますよ。

マウス中ボタン([MMB])ドラッグによる3Dビューの回転で、どこを見るべきか。3Dビュー左下の赤青緑の線が出ているものがあると思います。それを見ましょう。

スクリーンショット 2014-12-16 20.43.30

なお、全てのウィンドウについて、ヘッダが十分な幅を確保できてない場合にはヘッダ上で[MMB]ドラッグしてマウスを左右に動かすと、ヘッダの内容をスクロールして表示できます。

3Dビュー以外では、[MMB]ドラッグで画面のスクロールを行います。またパネル上では、[Ctrl]+[MMB]ドラッグで上下にマウスを動かすと文字やボタンの大きさを変えることができるというのが基本的な操作です。

Blenderのそれぞれのウィンドウタイプで、以下の操作を行い、どのように反応するかを確認しておくのがいいと思います。中ボタンのみ、[Shift]キーを押しながら、[Ctrl]キーを押しながらのバリエーションについても確認します。

  1. 中ボタンを押しながらマウスカーソルを左右に動かす
  2. 中ボタンを押しながらマウスカーソルを上下に動かす
  3. 中ボタンを押しながらマウスカーソルを円を描くように動かす

これを戻す場合にはほとんどのウィンドウタイプで[Home]キーを押すことでそれなりに戻ります。3Dビューの場合に厳密に戻すには… [Shift]+[S]のメニューから Cursor to Center , [Alt]+[Home]のあとマウスホイールで大体元の見栄え上の大きさに戻す…というくらいでしょうか。

(「何か作る」前に上記のような操作を自身で確認して、わけわかんなくなったら File > New で戻るなどしてください)

Blenderでの中ボタンの操作(2)

3Dビュー上ではコマンドと組み合わせて使うことがあります。

  • [G],[MMB] – 移動(Grab)軸制限
  • [S],[MMB] – 拡大縮小(Scale)軸制限
  • [R],[MMB] – 回転(Rotate)軸制限
  • エディットモードで、[Ctrl]+[Alt]+[Shift]+[S],[MMB](Shearコマンド実行後に中ボタンクリック) – 剪断変形の方向を変える
  • [B]で矩形選択モードに入った後、中ボタンドラッグ – 選択範囲を非選択に変更
  • [C]で円形選択モードに入った後、中ボタンクリック – 選択範囲を非選択に変更

中ボタンの設定

さて、ここまで中ボタンについてくどくどとやってきましたが、実はOS上のマウスドライバ、他のアプリケーションによって「中ボタンが別の機能に割り当てられている」と使い物になりません。適宜設定しなおしましょう。Yosemiteで実際遭遇しましたし。

また、Blender上のユーザープリファレンスから、マウスの設定を確認することも可能です。Inputタブの検索入力のところに”Middle”と入力して、その左のFilterTypeの選択肢を”Key-Binding”に指定して検索すると出てきますよ。えっ、設定されている通りに動いてないんじゃないか?ですって?そんなの知りません :P

中ボタンが無い

そんな人のことは知りません。 Emulate 3Button Mouse を有効にして使ってればいいんじゃないですか?

マウスではないものを使っている

ええ、ええ、わかります。MBPやMBAでドヤリングする時にマウスいちいち繋げて「ドヤァ度」下げたくないですもんね。

3Dビュー上にマウスカーソルをポイントし、トラックパッドの上で2本指操作してみてください。もちろん[Shift]や[Ctrl]を組み合わせた操作も試してみるといいんじゃないでしょうか。(「慣性付き」オプションをONにしている場合には跳ねるような操作をすると3Dビューで迷子になりますので、その辺は気をつけてください)

  • ペンタブはよく知りません(旧Bamboo持ってるけどBlenderでは使ってないですね…)。
  • 3D マウスはたまに使います(Blenderは3DConnectionの3Dマウスをネイティブサポートしているので、OS用ドライバをインストールすれば使えます)

まとめ

まとめます。

  • 普通のマウスでよさげ
  • 中ボタン(MMB)はBlenderでよく使うのでボタンの「重さ」は重要(軽い方が良い?)
  • 3Dビューポートでは[Shift][Ctrl]と組み合わせて視点の変更を行うことが可能
  • 3Dビューポート以外でも画面表示のスクロールやカスタマイズに使用可能
  • コマンドと組み合わせて使う([G],[R],[S],Shear)
  • トラックパッドの操作で同等の事が可能?

参考

Blender Advent Calendar 2014、次はMiSaTo kashitaniさんですね。よろしくどうぞー。

では、Happy Blending!!


コメントする

Blenderの設定メモ(テンキーレスな感じで)

どうも、ぼくです。

「Blenderの設定どうしてるの?」って特に聞かれてはいないですが、とりあえず書いておきます。
複数の環境でBlenderを使っているので、「デフォルト設定からの変更はなるべく少なく」という方針で設定を変更しています。

ハードウェア構成:

まず、前提となるハードウェア構成は以下の通りです。テンキーは使ってないです。

  • Mac mini Late 2012 (8gb) / OS X 10.10.1
  • Keyboard: Bluetooth® Mobile Keyboard 6000 (メインのキーボードのみ使用)
  • Mouse: Logitech G300(最近変えたのでまともに設定してない)

マウスのボタン設定は割愛します。標準的なホイール付きマウスと同じものとして設定します。

Mac Book Pro でも大体同じ感じに設定しています。

 

OS側の設定:

OS側の設定は「OSで提供するショートカットキーについて、Blenderのキー設定とかぶってそうなものはできるだけ無効にする」という方針で、[Ctrl]+[Space]さえも無効にしました。

ただし、デモ用に「キーボードショートカットを使ってズーム」機能はON(マウス周辺のみ拡大、Ctrl+Altを無効)にしています。

 

Add-on の設定:

Add-on については、2つの標準Add-onを有効にしています。

  • Dynamic Space Bar Menu
  • Pie Menus Official

また、2.71まで使えたAdd-onをインストール、有効にしています。(東北MMD勉強会のUstやってた画面でキーボードの文字だとかが出てたのを見ました。アレです。)

 

キーの設定:

キーの設定ですが、Pie Menus Official で有効になるキーのうち、Tabキーを無効にしました。

 

テンキーを使っていない(と言っている)理由:

自分が行っている設定で、テンキーを使っていないと言っているのは、Pie Menus Official Add−on を使用しているため。 [Q]キーを押すとビューの変更メニューが表示されるので、それを選択すればOKという。Pieメニュー便利。

スクリーンショット 2014-12-14 05.23.33

他にも[マウス中ボタン]から[Alt]キーを押すと45度ずつのスナップとか覚えたのも大きいですかね。

 

この最近はローカルビューが必要な込み入ったものを作っていないのでLocal View ([テンキー/])の必要性がなかったりして、その辺は特に設定していないです。もちろんテンキー付きキーボードで作業をする場合にはテンキー使ってますけども。

ここに来られた方は多分某所のblogエントリとか見られてると思うので、さらに設定が違うのが出てきてややこしくしている感はありますが、「賑やかですなあ」くらいで:)

 

ということでー。

 


コメントする

Blenderの布シミュを使ってクッションを作る

どうも、ぼくです。

まずはビデオから見ていただきましょうか。

creating a Pillow in blender (Timelapse)


このビデオによると、クッションを作る手順は大まかに以下のようになります。

  1. 箱を適当な大きさにし、本体とする。
  2. クッションを細分化し、シミュレーション適用の準備をする(Ctrl+R,サブディビジョンサーフェース)
  3. フォースフィールド(Add Force Field > Field)を設置し、強さを”200″とする
  4. スキンシミュレーションを有効にし、重力を0にする
  5. アニメーションさせて変形させる
  6. モディファイアの変形を適用する
  7. 厚み、Z軸のサイズを調整
  8. スカルプトツールを使って隅の形状を整える
  9. 縫い合わせの表現のための頂点編集(ループ選択)
  10. UV展開する

慣れてしまえば5分かからないくらいでクッション1つできてしまいます。

Blenderのポリゴン編集、スカルプト、布シミュレーションと複数の機能をまたいで作られていて、いかにも「Blender流」っていうところがいいですね。トライするにも簡単だし。

 

ということでー。

 

スクリーンショット 2014-11-17 05.26.01


コメントする

Blender初心者が知っておくべきこと(日本語訳)

どうも、ぼくです。

Reynanteさんの書かれた、Things Blender Beginners Must Know を日本語に訳してみました。まあいつものごとく一応意味が通じる程度の訳なので、はい。間違いとかあったらおしらせくださいませ。

Things Blender Beginners Must Know

Title: Things Blender Beginners Must Know (and some friendly tips to get you started)
URL: http://www.reynantemartinez.com/things-blender-beginners-must-know.html
Author: Reynante M. Martinez(@reynantem)

Blender初心者が知っておくべきこと(と幾つかの始める時の優しいコツ)

10年ほどBlenderを使っているうちの半分くらいを、どのようにすれば、なぜ、イライラしたり価値のあるものとなるかを見つけることに費やしました。

この短い記事で、高い目標を持ったBlenderアーティスト、将来の本物の3Dアーティストを障害物に当たることから助けるでしょう。

楽しんで読んでください! ^_^

#1  インターフェースを習得する

これがBlenderを学ぶ時に間違いなくゾッとし、怖がらせる一番のものです;そしてこれは他のアプリケーションでも同じことです。

どこに配置されているかを一度把握してしまえば、信じてください、すべてはスムーズに進むことでしょう。

ただしこれだけではありません。以降も読んでください。

#2 ショートカットキーに慣れる

全くバカバカしいことのように思えますが、これが将来のたくさんの時間を節約するものになります。

キーボードショートカットを機能的に使うよう学習していけば、メニューを選択することに対してBlenderで何かを作るときにより効果的・効率的になります。

タッチタイピングやピアノをキーを見ずにできるようになっていれば、この意味がわかるでしょう。

片方の手をマウス、もう片方をキーボードに – Blenderの”ゴールデン・ルール”

#3 保存は頻繁に、いつでも!

あなたが作品の完成に近づけるための操作をした時、突然に − バン! 愛しのBlenderがクラッシュしてしまいました。 (T_T)

これは頻繁に発生して、すごくいらだたせます。そして最初からやり直しまたは素晴らしいアイデアとさよならする羽目になります。

もっといい方法として、複数のバージョンを[F2]キーを押して、[テンキー +]キーを押してファイル名(の数字)を増やします。

#4 アドオンの利用

簡単に言うと、プラグインにアクセスするまたはインストールすることで平凡で面倒なタスクを処理しやすくできます。

これがお気に入りです。

#5 更新し続ける

これはアプリケーションとコミュニティが後押ししてくれます。

ニュースをチェックするのに最適な場所は Blender Nation で、毎日更新されています。

素晴らしいレンダリング結果を見たい場合には Blender Guru のFacebookページ で。Blenderで作られた作品の記事が定期的にチェックできます。

#6 コミュニティに参加する

Blenderには断然良い最大かつ活発なオンラインとオフラインのコミュニティがあります。;Blender使いの仲間と熱中し自身の考えを共有するのに良いタイミングです。

最良の場所はBlenderArtists フォーラムBlender Stackexchange サイトです。

#7 師から学ぶ

最後は、必須というわけではないですが強くおすすめします。

ここでいうほとんどのことがあって、これらのサイトに訪問することでより正しく行えるでしょう。

#8 投資する

安っぽく聞こえるかもしれませんが、あなたが熟練のレベルに達した時、何を学んだかをコミュニティにシェアする(ヒント、チュートリアル、シェアすることを通じて)、愛しのアプリケーションがもっと良くなるためにdevelopment fund に寄付をするのが単純に「お返しをする」よりも良い方法です。

何か価値があることを学んでくれることを望みます。またシェアしたい手持ちのヒントがあるなら下のコメント欄におしらせください(訳注:ページはこちら)

もっと読みたいと思ったら、Creative Shrimpの素敵な記事、Getting Started in CG もどうぞ。

追伸: 思うがままに – 楽しんで! ^_^

時間を取ってくれてありがとう!:)

−Ryan

おまけ:コメント欄にこんなのが。

#9 Look outside the Blender community for inspiration, techniques and feedback.

ということでー。


1件のコメント

新しいBlenderのドキュメントについてのメモ

どうも、ぼくです。

日付的には本日、神田にて「第1回 Blenderソースコードリーディング」がある日なんですが、まあそれはそれとして、Blenderの新しいマニュアルの翻訳の環境について。

現状としては、「翻訳が反映されることを確認できる環境を作れました」ということなんですが、テスト用としてリポジトリ作成しています。正しいかどうかは別として手順も載せてます。

まだ本家側も英語のマニュアルをWikiからSphinx環境にコンバートして試験運用中みたいなので、翻訳について、例えばTransifexを使うかどうかとかその辺も固まっていないと思います。

Sphinxの国際化についてはここに手順が紹介されています(今回これを参考にしました)。メッセージファイルを生成して、元言語以外は各言語ごとにメッセージファイルを編集することで翻訳、ということですね。

今回作成したリポジトリについて、現状では以下のターゲットが対応しています。

  • “all” すべての(英語)ドキュメントをHTMLにビルド – もともとあったもの
  • “allja” すべてのドキュメントを日本語に翻訳されたHTMLにビルド – 追加したターゲット

ディレクトリ構成はちなみに、こう。

  • manual/ ←reSTファイルが置いてあるところ
    • ja/ ←翻訳されたメッセージファイルがLC_MESSAGES配下に格納
  • html/ ← ビルド時にHTMLファイルが格納される
  • locale/ ← potファイルが格納される

まあ、”all”のときに英語のHTMLをhtml/en フォルダに、”allja”のときに日本語のHTMLを html/ja フォルダに出力するようにしてやるとかそういうことはできるけれども、現在運用されているWikiの「言語切り替え」のようなことが出来ない、という…。

そこは CakePHP cookbookでやってるようなことをやればいいのかな?githubにリポジトリもあるので時間見つけて確認してみましょう、ということでメモ。

それはそうと、他の人が2.6ですでに訳しているのがあるのでそれをpoファイルに突っ込んでもいいものかどうかというところはどうなんでしょう?

ということでー。

 


コメントする

Sphinxの国際化機能を使ってBlenderマニュアル日本語版(トップページのみ)

スクリーンショット 2014-10-30 22.34.58どうも、ぼくです。

前のエントリでSphinxベースの新しいBlenderマニュアルについて書きましたが、国際化対応の設定が一通りできたようなので、トップページを日本語にしたものを表示させてみました。まあ、ただの目次なんで役には立たないですけどね。

「ビルドできる」くらいにはなったので、GitHubに一応リポジトリ作っておきました。このリポジトリは実験用途であるので、正確さとか諸々は担保しませんし、BFのリポジトリにブッ込むとかそういうことは謹んでいただけたらと思います:)

まあ、bf-docboardでも「国際化はー?」とかいうメールに「英語のページをちゃんとするのが先なので、待ってて」とか書かれていたので、その間にどうやって更新するかとかその辺のことも議論されるといいんじゃないかな、とかそういうやつです。

そうそう、”Blender-manual”でGitHubを検索したら何かいいことあるんじゃないかな?

ということでー。

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在907人フォロワーがいます。